2社間ファクタリングと3社間ファクタリングのどちらを選んだら良いのでしょうか?

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの違いは、売掛先の企業が加わる点です。3社間ファクタリングでは、売掛先の企業に対して、ファクタリングの通知や承諾を得ることが前提となっています。

そのため、ファクタリングを売掛先に知られたくない事業者は、2社間ファクタリング。売掛先の企業も含めた取引を希望する事業者は、3社間ファクタリングを選択する傾向が見受けられます。

2社間と3社間、現金化までの期間の違い

2社間ファクタリングにて、売掛債権の買取による現金化までの期間は、早ければ申し込みの即日から3営業日ほどが目安です。長くても1週間程度で、売掛債権の現金化を実現します。

一方、3社間ファクタリングでは、売掛先の企業からの承諾を得ることが第一条件です。審査も含めますと、申し込みの日から数えて10日から20日が、現金化までの期間と想定されます。

2社間と3社間、売掛金の回収業務担当の違い

2社間ファクタリングは、売掛金の回収を、申込者の企業が普段どおり行います。
売掛先の企業に、ファクタリング取引をしていることが知らされないことがその理由です。

売掛金の回収後は、速やかにファクタリング会社に売掛金相当額を送金して、取引が完了します。※債権の消滅

3社間ファクタリングの場合は、ファクタリング会社が、売掛金の回収業務の担当です。3社間ファクタリングでは、売掛債権の譲渡が、契約の時点で、すでにファクタリング会社に移行しています。

そのため、売掛金の回収をファクタリング会社が終えた時点で、ファクタリング取引の完了です。※債権の消滅