売掛先に知られずにファクタリングを実行することはできますか?

2社間ファクタリングであれば、売掛先に知られずに、ファクタリングを進めることができます。

2社間ファクタリングとは、申込者の企業と、ファクタリング会社の間での売掛債権買取による、資金調達の方法です。

2社間ファクタリングの持つ2つのメリット

売掛先へのファクタリングの承諾が不要

2社間ファクタリングでは、売掛先へのファクタリングの承諾が不要です。

売掛先にファクタリングの実行が知られてしまうことで、資金繰りの悪化などを疑われることも考えられます。
必ずしもファクタリングが、正しいイメージで伝わるとは限らないためです。

その点を踏まえますと、ファクタリングが売掛先に知られずに済むことが、最も大きなメリットとなり得るかもしれません。

売掛債権のスピーディーな現金化

2社間ファクタリングのもうひとつのメリットとして、売掛債権のスピーディーな現金化があげられます。

提出書類が揃っていることが条件となりますが、早ければ、即日の現金化に対応しているファクタリング会社もあるほどです。

2社間ファクタリングでは、おおむね3営業日から1週間ほどで、資金調達ができると考えて良いでしょう。

2社間ファクタリングの手数料相場

2社間ファクタリングの手数料の相場は、10万円から25万円ほどと言われています。

手数料はファクタリング会社ごとに異なるため、なるべく割安な手数料のところと契約することで、費用の節約が可能です。
複数(3社程度)のファクタリング会社に、相談をしてみるのも良いかもしれません。